* hamaogi * →
毎月(日or祝)「整理収納アドバイザー2級認定講座」
毎月(第3土)「暮らしを楽しむ 整理収納」イロトリドリ(福知山)
毎月(日or祝)「くらしのヒトマナビ。」京都ヒトマナビカフェ

  * 暮らしデザイン研究所(NPO法人 整理収納・NLS) * →
4/15(日)「御所deお花見」
6/8(金)、9(土)「(仮)起業セミナー」

  * くらしの取扱説明書 様 * →
4/8(日)「整理収納アドバイザー2級認定講座」はなあーと(名古屋)
4/27(金)「整理収納アドバイザー2級認定講座」iの森ギャラリー(鈴鹿)
5/18(金)「整理収納アドバイザー2級認定講座」Amusesr Labo(岐阜)
6/30(土)「整理収納アドバイザー2級認定講座」撞木館(名古屋)



無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 モノが語る日本近代史   

佛教大学 四条センターで、「モノが語る日本近代史」を受講してきました。
今回は4回シリーズの2回目、”もの差し(30センチ)”について。

”モノ”で”もの差し”、しかも”30センチ”。
この単語を並べただけでもわかる方にはピンとくる内容♪
小学生の”もの差し”はなぜ”30センチ”なのか?

とても興味深かったのが、近代の尺貫法は身体を基準として生まれた近世のものではなく、メートルを基準として制定されたとのお話。

これまでも歴史だけでなくキモノ関係の本でも、
「メートルを使わず鯨尺(曲尺の話だったか…?)を使い続けて逮捕された」等、読んだ記憶がありますが、長さや重さを統一することが如何に重要だったかを改めて知りました。
[PR]

by hamaogi_kyoto | 2009-07-09 23:45 | 仕事

<< その家電、ほんとに必要? 「足りない」を楽しむ >>